やっぱり

兄のお下がりの自転車は
ハンドルがまっすぐで運転しづらい
でも本人はへっちゃらで乗りたがる

ぜったい大丈夫だから お母さんの言う事聞く
というので はじめて自転車2台で出かけた
不本意ながら

最初の歯医者は近所なので問題なし
と思いきや 早くも1回転ぶ
そのあと 工作教室のセンセイ宅へお月謝を
ここまでも 1回こする

その後 郵便局に寄ってから
こんど入会するスイミングの手続へ向かう途中
なんにも障害物のナイまっすぐな道で
電柱にやわらかく衝突

顔と手足をこすって さすがの我慢も限界
大泣き でも自分で自転車で来たいといったんだから
と こがずに押させて スイミングへ
c0071003_1471662.jpg

冷えピタ貼ったら腫れはひいてきました
言い訳にもあまりチカラなく 笑
でも懲りてません 師匠ってば‥






そもそも 補助なしにひとりで乗れるようになったのは
師匠がイチバン早い 年中の頃だもの
ハナホとジロウは年長の時 一日ちがいで!

そして のび太は 2年生の夏休みの終わりに
ようやく乗れるようになったのだ
わたしが つきっきりで練習に付き合った
唯一のお子さまだってのに!
[PR]
by chikakak | 2007-06-25 14:08 | こども