サービス業という区分

相手が望むカタチに沿うものを提供したいと思っている
以前は違った よかれと思ってここまでしているのに
なぜだい!と、修正のたびにため息ついていた

でも年をとったら なんとなく そら自分の押し付けやでー
と思うようになってきた 今回とある案件で
何度めかのダミー提案のあと クライアントの

新しくいただいたものの方が確かに、イラストに自然に馴染む感じがありますが、
アニメーションなので、少し、うるさいくらいに目立った方が良いと思っています。
という感想をもらって ものすごく納得した

若い頃は何が何でも 自分が自分が
とばかり考えて まず読者ありき とか著者 編集者ありき
ってのが すこーんと抜けていた

そらシゴトこないわな  売れっ子なヒトビトは
きちんと第三者の目をもっていると思う
売れるも売れないも 確実に理由がある

というわけで 別件の何度目かの修正に
しみじみ取り組んでおるわけです
直しが好きなわけでは決してない ははは そんなヒトはどこにもおらんて




c0071003_10545726.gif

[PR]
by chikakak | 2008-05-11 21:59 | つぶやき

イラストレーター きたもり ちか*ブログ vol.1