こんなのがあるよ
とシゲちゃんが教えてくれた
へえ すごく掘り下げてある なるほどね 学校のためじゃないのね任意なのね

ワタシが役を受けるようになったのは たぶん 
ふたりのお母さんの事を知ってから ずっとずっと前の事
どちらも直接の知り合いじゃぁないけれど 



ひとりは養護学校に通うお子さんのママ
地元の学校の保護者会に出席の機会があった時 
うちの子もこんなに大勢の同級生がいたんだなって
ものすごく嬉しそうに話していたって聞いた時

もうひとりは身体が弱くて同居のお母さまに
小さい時からお子さんの面倒をみてもらっていて ひとからは
助かるわね ありがたいわね と言われると そのとおりなんだけど
すごくつらくて ほんとは全部自分で思い通りに育てたいのに と
気持が弱ってさらに病が悪化してしまったと聞いた時



あたりまえのように公立の学校に通えて
自分の手で育てられる
なにげないような事が実は それをかなえたくても かなえられない人も
自分が知らないだけで いるんだとわかったから

まあ できることは なるべく やった方がいいかなと
できないときは きっぱりことわれるし
それに1年過ぎれば たいていのことは平気になる
よくも悪くもね
[PR]
by chikakak | 2008-03-04 16:30 | PTA

イラストレーター きたもり ちか*ブログ vol.1