湿度高過ぎ

遠出の翌日 打合せの為地下鉄
その夕方は 剣道を始めたので合気道をやめる事にした
ジロウをともなって道場へ挨拶に

トンボ帰りで師匠の迎え
そのあとジロウだけ食べさせて
自分も稽古へ はあはあぜえぜえ

さすがに今日は身体が
でもスイミングの送迎があるから
台風だし気が抜けん

きのう電車で移動中読んでいたら
ついおりる駅を間違えた(またかよ)
あー高校生の時読みたかったな「包帯クラブ」
c0071003_10425261.jpg

「いのちの授業」は小学校の校長先生が
生徒達に自身のがんについて きちんと話し授業を通して
生きることについて考えてみよう となげかけていく記録

副題に がんと闘った とあるんだけれど
読後の感想は たたかうというより 捉えて
逃げずに より誠実にご自身の生に向き合った のかなと

うまくたちゆかぬ事があるとどうしても
つらく感じてしまうんだけれど それすら
生きてる証拠 と言えなくもないんだな きっと

病の場合は 医療が そうじゃない場合は
なにかきっと別の角度から 手だてがあるはずだから
だから
まあ ひと呼吸おいて さらに深呼吸でもしてみて
それから とりかかろうじゃないか
[PR]
by chikakak | 2007-09-06 10:43 | つぶやき

イラストレーター きたもり ちか*ブログ vol.1