電車に揺られて

通勤ラッシュのピークが終わった
少しぼんやりした時間の電車は
適度なゆるみとすきま風が気分良い

長く 勤めとの併用で描く という事をやってきたせいか
何かアクシデントを想定して
いつも前倒しで締め切り前に納めてきたが
最近は すぐに手から離さず なんとなくひと呼吸
おくようにしている

シゴトで描くものと 展示のための作品とは
まったく発想がちがう
だからワタシは今とまどっている
何描けばいいんだろう

展覧会は初めてに近い
一度 卒業した学校のOB会でのグループ展に
参加した事はあるが それだけだ

そのグループも退会してしまった
みな一体、日々のシゴトと日常生活と 加えて
作品制作を どうやって時間のやりくりしているんだろうと
自分には到底ひねりだせるスキマがない と思って

だけど やはり 与えられたありがたいお代だけでは
なんかが埋まらない それが なんなのかは
よくわからないのだが  
自分にはセンスも作家性もないし

と思って 展覧会への参加を決めた
でーも いざ となったら 
描けないでやんの 笑
とりあえず目の前のシゴトに逃げてる自分がいます
c0071003_14442613.jpg
これはサンプルにもっていったファイル
伺った先は とても大きくて立派なビルで
受付にはお姉さんでなく 何人もの男子(おそらく警備‥)が
c0071003_144650100.jpg
エレベーターも広くて明るい あシンドラ−社製か見るの忘れた
[PR]
by chikakak | 2007-06-07 14:47 | つぶやき

イラストレーター きたもり ちか*ブログ vol.1